くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

旅行をすればするほど、もっと旅行がしたくなる。

f:id:kunitabi:20200524102202j:plain

 

ぼくが自分で旅行をし始めたのは、確か中学生の時やった。友達と電車に乗って、四国に行ったかすかな記憶がある。そのあと九州などの国内旅行をしていた。

 

高校を卒業して、ぼくは1人でイギリスに留学をして、そこで知り合った友達を訪ねて、スイスやフランスに行ったのが、海外旅行のはじまりやったような気がする。

 

それから30年以上たって、ぼくは現在タイはバンコクに住んで、仕事をしながら、休みのときなどに旅行を続けている。

 

ぼくは旅行が好きや。

いつもとちょっと違った時間を、知らない国で知らない人の生活を見ながら過ごすことができる。

インドや、スリランカに行っても(日本と同じやなぁ)と思うこともあるし、ヨーロッパ(イギリスやフランス)に行っても(日本と全然違う)と感じることもある。

世界は広いので、どんどん他の国を見たくなる。 そして、ぼくの(くに旅)はずっと続いている。

 

はじめて留学したイギリス、ボーンマスという小さな町で、ぼくの海外生活が始まって、そのボーンマスで英語の勉強を始めた。

今も自慢できるほどの(英語)ではないけど、ある程度のコミュニケーションはとれる自信があるので、それも(旅することの楽しさ)の1つになってることは間違いない。

 

世界、どこに行ってもある程度(英語)は通じるので、現地の人の(聞ける)(教えてもらえる)という意味で(英語)という語学ツールは大変便利です。

 

あとは(行動力)。

行きたい!と思ったところには、行く!ということ。

もちろん、時間やお金などなど、準備をしなくてはいけないと思うけど、(行けない理由)をずらずら並べていても、旅行は始まらない。

パスポートを持っていて、休みが数日あるなら、ネットで飛行機を探してポチってしまおう! ビザの用意、どこで何をするかのプランなどは、ポチったあとに考えよう!

 

ぼくは(英語)と(パスポート)と(行動力)で、もっと(まだ行ってない国)に行ってみたいと思ってます。50歳を超えて、ますます(旅)することの面白さを感じているし、もっともっと行きたい国が増えてきている。

見れば見るほど、もっと見たいという気持ちになっています。なので、これからも(旅)を続けます。

 

今行きたい国は、(ドイツ)(ラオス)(ルワンダ)です。

ドイツは、ベルリンの博物館に行きたいし、ラオスルアンパバーンを散歩して、写真を撮りたいし、ルワンダはとにかく見てみたい国ナンバー1です。アフリカは意外と好きです。また、もう1度インドも行ってみたい。本当は1ヶ月くらい、ゆっくりとインドを周遊してみたいんやけどなぁ。

 

この(くに旅)を通じて、同じように1人でも多くの人に(旅)の面白さが伝わればいいなぁと思っています。