くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

タイランド、バスの旅(スコタイ)。深夜バスを利用する。

f:id:kunitabi:20200606152649j:plain

スコタイにバスで行ってきた

 

時間がないとなかなかバスで移動する!ってことができないんやけど、時間をかけるてのは、ある意味(贅沢)なことです。

寝台列車や深夜バスを利用して、旅をすることもおススメする。

今回は(スコタイ)への、バンコクからの生き方で、深夜バスの利用です。

 

f:id:kunitabi:20200606153030j:plain

バンコク北のバスターミナル

2018年8月、ある週末、金曜のしごとが終わったら、そのままバンコクの北のバスターミナル(BTSチャトチャックから、バイタクで10分)に行って、夜出発のバスのチケットを買ってスコタイに行ってきました。

今なら(12GO)のサイトで予約するのが便利です。

12go.asia

 

ぼくはバスターミナルの窓口を探して買って、バスターミナルで晩メシを食べたりコーヒーを飲んで読書をしたりして時間を潰していました。

バス停などでの読書は、これはこれで又良いんやなぁ!ちょっとザワザワした感じが、読書にピッタリな感じがする。2時間くらいあっ!という間です。

 

f:id:kunitabi:20200606153635j:plain

スコタイ行きのバスの中

で、バスに乗り込むと、あとは寝るだけです。

バンコクからスコタイ(遺跡のあるオールドタウン)まで約6時間で、途中に1度トイレ休憩があります。

ぼくのバスは夜の11時バンコク(北のバスターミナル)出発で、翌日の朝5時過ぎにスコタイ(オールドタウン)に到着しました。

タイの深夜バスは、なかなか良い(価格や、バス会社にもよる)ので、けっこうぐっすり眠れます。

 

f:id:kunitabi:20200606153955j:plain

スコタイ、オールドタウンの夜明け

バスは、スコタイ(オールドタウン)の中心に到着するし、そこから5分で(スコタイ歴史公園の入り口)です。便利です。

バスを降りるとコンビニ(セブン)があったので、まずコーヒー!その横に朝市が出ていたので(カオニャオ)を買って、食べながら(スコタイ歴史公園の入り口)まで歩いていってきました。

(スコタイ歴史公園)は朝6時半からなんやけど、ぼくが着くともう入り口が開いていたので、勝手に入ってきました。

(怒られたら、その時や!みたいな感じです)が、ちゃんとルールを守りましょう!

ぼくは入り口が開いてたので、知らずに入っていってしまいました。(そういうことにしておいてください)

朝日を浴びた遺跡や仏像が見られるし、人は少ない(時間前で、ぼく1人)んで、ゆっくり、たっぷり写真が撮れるので最高でした。

 

f:id:kunitabi:20200606154626j:plain

歴史公園は、できれば早朝に行くべし!

休みの日(土曜日など)の午前中の飛行機でも、スコタイ着は昼になってしまいます。

スコタイには空港がないので、ピッサヌロークの空港まで行って、そこからスコタイ(オールドタウン)まで1時間半ほどかかるので、行きの飛行機より、ちょっと眠いかも知れないけど(深夜バス)がオススメです。

早朝から歴史公園をたっぷり、涼しい時間に見て午後はゆっくり過ごして、夕日の時間にもう1度(当日のチケットは再入場可能なハズです)、夕日の中の遺跡を見に行くのがイイと思います。

(オールドタウン)にもホテルはあるけど、泊まるのは(ニュータウン)の方がレストラン等も多いので便利。

夕方の遺跡を見た跡、大きなソンテウ(相乗りのトラック)に乗って30分で(ニュータウン)に着きます。

 

ニュータウン)からピッサヌロークまでは1時間なので、帰りは飛行機で一気にバンコクに戻ってくると、週末2日の休みでも、十分(スコタイ観光)ができます。

 

週末、バンコクで過ごすのもエキサイティングやと思うけど、たまにはタイの田舎で遊んでくるのも楽しいです。その中でも(スコタイ)最高の場所の1つやと思います。

 

で、スコタイの遺跡・仏像の写真は??? それはまた次の機会で!!!