くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

カンペーンペットの遺跡を訪ねる。(スコタイから足を伸ばして!!)

f:id:kunitabi:20200607094611j:plain

カンペーンペットの仏像

 

スコタイからバスでバンコクに戻ってる時に、たまたまこの(カンペーンペット)を通って、バスの中で調べたら(歴史公園)があるというので、日を改めて行ってきました。

現在はとても小さな町の(カンペーンペット)やけど、スコタイ王朝の時は隣のビルマ軍の侵入を妨げるための重要な要塞都市やったそうです。

けど、もう1回言うけど、今はホンマに地味な町というか?村というか?

 

f:id:kunitabi:20200607095118j:plain

バンコクとカンペーンペット位置確認

バンコクから北にドーン!と5時間くらいバスで行くと(ピッサヌローク)で、そこから西に1時間行くと(スコタイ)、更に1時間行くと(カンペーンペット)です。

この3つの中で(ピッサヌローク)だけ空港があります。

(ピッサヌローク)は、比較的大きな街やけど、見ものが有名なお寺(ワット プラシーラタナ マハタート ウォラマハーウィハーン)がくらいなので、観光と言うより(空港)利用の街と言えそうです。

(ピッサヌローク)まで飛行機で飛んで、お寺だけ観光して(スコタイ)に向かうのがベストです。スコタイ観光は最低1日は要るので、スコタイからの帰りをバスにして、

半日(カンペーンペット)の観光に使うのがイイと思います。

 

f:id:kunitabi:20200607095854j:plain

朝の屋台

ぼくは相変わらず、深夜バスで(カンペーンペット)に行きました。

金曜の夜11時ごろのバスに乗ると、朝の4時過ぎには(カンペーンペット)に到着してしまうんで、まだ日も明けてないし、することもなくバスターミナルでコーヒーを飲んで、近くの(開いている)屋台で朝めしを食べて時間を潰していました。

バンコクからやと5時間ほどで着いてしまうので、やっぱり先に(スコタイ)に行った方がいいと思う。

 

f:id:kunitabi:20200607100204j:plain

夜明け前のカンペーンペット

そろそろ夜が明けそうな時間に、バスターミナルを出発!!(歴史公園)に向かって歩きはじめました。とにかくぼくは、どこに行っても(脚の骨が折れるまで)歩きます。

で、ずっと歩き続けてるんで脚が強くなってるようで、折れたことはありません。

 

f:id:kunitabi:20200607100540j:plain

カンペーンペット歴史公園

町の中心から30分ほど歩くと(カンペーンペット歴史公園)があって、今回はちゃんと入場料を払って観光してきました。

が、・・・・残念なことに遺跡の保存状態が悪い。発見された時に、すでにかなり壊れていたんやろなぁ。修復してあるけど、やっぱり状態が悪いんで、スコタイの遺跡に比べると、ちょっとがっかりしてしまいます。

 

f:id:kunitabi:20200607100943j:plain

修復された仏像

 

f:id:kunitabi:20200607101026j:plain

象の彫刻もほとんどが壊れている

(カンペーンペット歴史公園)もそこそこ広いので、約2時間ほど見学して、また30分ほど歩いて町の中心にもどります。

町の真ん中にも(ワット・プラタート)という遺跡が残っています。(1番はじめの写真、仏像の顔も、そこで撮影)

 

f:id:kunitabi:20200607101428j:plain

ワット・プラタート

こちらの遺跡の方がまだ、状態が良いのと小さな(博物館)もあるので、時間があれば見学しましょう。

ここの仏像、どれも頭がないけど、なぜでしょう?? 他の宗教が入ってきて、頭をぜんぶ壊した?? それとも劣化や事故で細くなってる首から上が落ちただけ???

もしかしたら、泥棒が首だけ盗んで売ってたのかもしれないなぁ??

まぁ、色々なことを想像して、不思議に思いながら(カンペーンペット)を半日歩いてきました。

 

f:id:kunitabi:20200607101908j:plain

カンペーンペットのバスターミナル

ランチのあと、ぼくはバンコクに戻ることにしました。1泊するほどの町でもないので、(カンペーンペット)のバスターミナルで(バンコク行き)のチケットを買って、バスの中で爆睡しながら帰ってきました。

 

車があれば十分、日帰りができます。SNSの写真を撮りに(カンペーンペット)!!てのも楽しいかもねぇ!!