くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

エチオピア1人旅 ③(1番見たかったラリベラの岩窟教会群)

f:id:kunitabi:20200609164954j:plain

ラリベラの岩窟教会群エチオピア

 

アディスアベバからバスを乗り継いで、今回の旅の1番の目的(ラリベラ)に行ってきました。

たぶんバスで半日以上バスに揺られて到着した。ラリベラは小さな村で、くるっと村を1周しても1時間くらいなんとちゃうかなぁ。有名な(ラリベラ岩窟教会群)が、村の全てです。

エチオピア観光では、絶対に訪れる場所なんで、ホテルやレストランはたくさんありました。またバックパッカーの姿(白人)もよく見ました。

 

なん年か前にテレビが雑誌で、この(十字架)(ラリベラにある聖ギオルギス教会)を見て、いつか行ってみたい!という気持ちになって、2016年に実行!

エチオピアに着いて、アディスアベバの市内でSIMカードを買って、バスで半日以上の移動で揺られていたけど、意外とあっけなく着きました。

(世界の果て!)見たいな気分やったけど、飛行機にバスを使ったら、なんとも簡単に来られてしまうもんです。

 

f:id:kunitabi:20200609170124j:plain

聖ギオルギス教会(ラリベラ)

 

率直な感想としては、思っていたより小さかった! けど、気持ちがねぇ。(来てしまったでぇ!)みたいな感じで、少し興奮していたのを覚えています。

f:id:kunitabi:20200609170307j:plain

下にも降りることができます。

このラリベラは、岩窟教会群と言われるけど、たくさんのこのような教会があります。

目立たないように、このな地上より下に掘り下げた形で教会を建てたんやろうなぁ!と想像しながらの観光です。

1人で遺跡の辺りを歩いていると、勝手に案内をしてくれるおじさんがいて、案の定(最後にチップ)となります。確か半日案内してもらって200円くらいのチップをあげたと思う。

意外とわかりにくかったり、迷路のようで迷いやすいんやけど、おじさんに案内してもらうと楽やし、なかなか写真になる位置も知っているので、案内をしてもらって正解でした。

 

f:id:kunitabi:20200609170856j:plain

1番大きな岩窟教会

 

この岩窟教会がラリベラで1番大きくて、たくさんの人がお参りに来ていました。このへんの人は白い衣装を来ていて、赤い(砂岩やと思う)色とのコントラストがとても神秘的でした。

岩窟教会群をずっと歩いて、写真を撮り続けていました。

 

f:id:kunitabi:20200609171300j:plain

ぼくの(ラリベラ)ベストショットはコレ

宗教的なところなんで、たまに写真はダメ!と言われる所もあるけど、(ラリベラ)は何の問題もなかった。たくさんの写真の中で、1番良く撮れたのがこの写真。

岩窟教会に差し込む光と、影で祈りを捧げるエチオピアの人々です。

 

f:id:kunitabi:20200609171602j:plain

ラリベラのマーケット

 

ラリベラの市場見学。

まぁ、にぎやかで人はいっぱいいるけど、買うものは無し!でも、小さな村の生活の一部を見ることができます。まぁ、ごった返しているけど、危険な感じはなし。

 

エチオピアで生まれることなく、日本人として生まれて本当に良かったと思う。

人それぞれの人生に良いも悪いもないと思うけど、ぼく自信の人生を振り返って、このラリベラの地に立って、聖ギオルギス教会を見て、ぼくはそう思いました。

 

今回のエチオピアの旅で、何度も夕日を見た。

そして、(もっと旅がしたい!)と思いました。

 

f:id:kunitabi:20200609171851j:plain

ラリベラの夕日