くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

マレーシア、ボルネオ島旅行 ②(バクテー食べて、エイ食べない!)

f:id:kunitabi:20200613194623j:plain

コタキナバルのキナバル山

 

ボルネオ島をバスで回って観光をしてたけど、メインになるのは、その自然です。

ゆっくりと自然を感じて、動物や昆虫を見たり、登山やマリンスポーツと、自分の好きなことを選びましょう。

ぼくは、相変わらず(知らない町や村を歩く)です。

残念ながら登山はしないんで、このキナバル山のふもとで、植物園に行って、写真を撮ってきただけです。

 

f:id:kunitabi:20200613195216j:plain

トゥンクアブドゥールラーマン海洋公園

 

そうそう、コタキナバルから㉚分ほどボートに乗って、向かいの島(トゥンクアブドゥールラーマン海洋公園)に行ってきました。

キレイなビーチなので、水着を来ていきましょう。またレストランもあるので、1日ゆっくりできます。

 

f:id:kunitabi:20200613195453j:plain

ムルの洞窟ツアー

ちょっと郊外まで足を伸ばして!というか、プロペラ機で行きます。

(ムルの洞窟ツアー)に参加してきました。何を見るかって??? 洞窟です。

自然を守るために、道路を作っていませんでした。なので、(ムル)に行くには飛行機しかありません。小さな小さな村やけど、ホテル(というか宿)はあります。

 

f:id:kunitabi:20200613195828j:plain

ムルの洞窟は、東南アジアで2番めに大きい

 

近年、ベトナムでアジア最大の洞窟が見つかった!ことで、2番になってしまったムルの洞窟です。ガイドさんに案内をしてもらいながら、洞窟探検です。

まったく危険な感じはありません。

 

f:id:kunitabi:20200613200030j:plain

ナイトツアー

 

夜のサファリツアーにも参加できるけど、ここはもっぱら虫です。

昆虫の好きな人はぜひ参加してください。どこのホテルでもツアーの手配をしてくれます。

 

f:id:kunitabi:20200613200217j:plain

夜の屋台にならぶエイ

 

コタキナバルに戻って、ナイトマーケットを歩いていると、シーフード屋台にこのエイが並んでいました。

(食べれるの?)と聞いたら、(美味しいよぉ!)と言われたので注文。確か、3,000円か4,000円くらいしたと思う。安くなかった。で、

 

f:id:kunitabi:20200613200420j:plain

エイの料理、マレーシア人はコレを食うのかぁ。

 

出てきたのがこれで、まず一口。

臭いし、とんでもなく不味い! ほんまかいなぁ???と思って、もう一口とお腹も減っていたので、半分ほどは食べたけど、やっぱり不味い。

わざわざ食べるもんではないなぁーと思いました。

 

次の日は、1日中下痢でした。

 

f:id:kunitabi:20200613200706j:plain

人気の(バクテー)のレストラン

 

ボルネオ島に行ったら、エイなんかを食べないで、もっと美味しものを食べましょう!

ぼくの1番のおススメは(バクテー/ 肉骨茶)です。最高に美味しい。町にはたくさんの(肉骨茶)レストランがあるので、ぜひ試して見てください。

 

f:id:kunitabi:20200613200933j:plain

世界一ウマい(ドライバクテー)

 

その中でも、ぼくが世界一ウマいと思ったのが、この(ドライ・バクテー)です。

スープの無いバクテーです。これとご飯は最高!永遠に食べらるんで、毎日ぼくは食べに行っていました。

(クアラ・ルンプールで、ドライ・バクテーを食べたけど、美味しくなかった)

コタキナバルの(ドライ・バクテー)をもっかい食べたい。本当に美味しんやから!

 

 

f:id:kunitabi:20200613201226j:plain

朝の魚市場

 

ぼくの初(ボルネオ島)は、テングザルで始まって、エイでお腹を下して終わりました。動物、洞窟、爬虫類に昆虫など、自然とそのなかの生き物を改めて感じることのできる旅行でした。

ぼくはずっと都会で暮らし、行きてるので、やっぱりたまには自然を見たいと思い、また旅をするんですねぇ。

 

f:id:kunitabi:20200613201301j:plain

自然の中で生きるのも良いかもしれんねぇ