くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

バンコクをたっぷり歩いて、タイ料理を美味しく食べる。

f:id:kunitabi:20200621110139j:plain

タイ料理は美味しい

 

ぼくはもう10年以上タイに住んでるけど、飽きることなくほぼ毎日タイ料理を食べてる。

この辛いものが多い(タイ料理)は、ぼくにピッタリの料理です。

今朝も散歩の帰り道、屋台で買ってきて食べました。好きなタイ料理がを選んで、毎日楽しく食べています。 

ちなみにタイの人が好きな料理、1位はやっぱり(タイ料理)で、2位が(日本食)やって。 最近では、ピザやパンなどもよく食べられてるんで、タイの食生活もやっぱり大きく変わってきてると言える。

まぁ、タイにいる間は、たっぷり(タイ料理)を楽しみたい。

 

f:id:kunitabi:20200621110934j:plain

タイの屋台

 

タイには屋台がいっぱいある。

この大都会バンコクにもちろん、スクンビット通りやサトーン通りと言ったオフィス街にも、やっぱりたくさんの屋台が並んでいて、朝から賑やかにやっています。

タイの屋台は、タイの人の生活になくてはならない(タイの食文化)の1つです。

 

f:id:kunitabi:20200621111319j:plain

屋台で食べる

 

写真はシーロム通りで撮影した屋台の写真。

屋台の横にテーブルと椅子が並んでいて、屋台の横で食べることができます。

タイのらーめん(クイッティアオ)屋さんなどです。暑いバンコクで、暑い(クイッティアオ)を食べると、ぼくは汗だくになってしまうので、ぼくの場合はお持ち帰りにしてもらって、会社で食べたりしています。ちゃんと袋に入れて、(麺と具、それとスープと分けて)お持ち帰りにしてくれます。

 

f:id:kunitabi:20200621112010j:plain

バンコク屋台生活

 

ぼくのバンコク生活は、屋台を利用する方が圧倒的に多い。

屋台は、安くて美味い!の最高やと思うけど、人によっては(非衛生的)、極端に言うと(汚い)ということになるんやろけど、そこは各自で判断やな。

なんでも食べられる!という人は良いけど、やっぱりちょっと!と言う人はヤメておいたほうが良いと思う。お腹を壊したりすると、せっかくの旅行やのにホテルで寝ているだけになるし、また病院に行くことになれば、その分時間のロスです。(まぁ、それはそれで思い出にはなるんやけどなぁ)

 

f:id:kunitabi:20200621112510j:plain

フードコートを利用する

 

屋台はちょっとなぁー!けど、庶民的なタイ料理が食べたい!という人は(フードコート)を利用するのがいい。

バンコクのデパートやショッピングセンターには必ずあります。

レジで現金をカードに変えて、ずらっと並ぶお店(写真が並んでいるので、食べたいものを選びやすい)から自分の食べたい料理を注文することができるので便利。

2,3人で行っても、それぞれが食べたいものを食べたいだけ注文できるのが良い。

 

最近の(フードコート)は改装さえて凄くキレイになってるところが多いし、美味しいものも多くなってる。 またエアコンが聞いているので、気持ちよく食べられるのも良い。

 

f:id:kunitabi:20200621113028j:plain

タイにはコンビニがたくさんある

 

タイに10,000万件以上あるコンビニ(セブンイレブン)。また、バンコクでは(ファミリーマート)(ローソン)などもあります。

バンコクを歩いていると、まぁめちゃくちゃ(セブンイレブン)を目にします。タイの人は(セブン)と呼んでいます。

そして(セブン)の食べ物は美味しい。最近は、おにぎりやお寿司、ハンバーガーなどもたくさんの種類がでてるので、小腹が空いた時は(セブン)に行くのも良い。

あと、(セブン)のコーヒー、紅茶、抹茶なども美味しです。

 

f:id:kunitabi:20200621113601j:plain

マクドナルドはタイでも大人気

 

ファーストフードも、バンコクでは充実しています。

マクドナルド)(KFC)は大人気! (バーガーキング)や(モスバーガー)などもあります。まぁ、ここらになると日本と同じ(世界、どこもまぁ同じようなも)なんで、万が一(タイ料理)が合わない!という時などには利用できると思う。

 

ぼくが思うに、海外旅行で(食)を楽しめる国の中に、タイは確実に入ります。

いっぱい歩いて、色々な(タイ料理)を楽しみましょう。

 

ぼくの旅行は基本、めっちゃ歩きます。

歩くのが好きやし、歩いて(その町や人)を見るのが好きです。そして、歩くと(お腹が減る)ので、現地の料理を美味しく食べることができます。現地の料理を食べてみるのって、楽しいもんなぁー。