くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

ロッブリーの遺跡を見に行く。食べ物を見せると、サルに襲われるぞ!

f:id:kunitabi:20200623120220j:plain

お坊さんとロッブリーのサルたち

 

バンコクから車で3時間弱(バスやと3時間半くらいかな)、北に行った所にある小さな町(ロッブリー)、ここにもアユタヤ王朝時代の遺跡があります。

まぁ、今はそれより(サル)と(ひまわり)で有名な町です。

(ロッブリーのひまわりは、11月から1月までです)

 

f:id:kunitabi:20200623120701j:plain

ミニバスでロッブリーに向かいます

 

バンコク(北のバスターミナル)の近くに、このミニバス乗り場があって、約3時間半でロッブリーに着きます。(サラブリー経由のロッブリーです)

 

f:id:kunitabi:20200623120913j:plain

Phra Kan Shrine

 

やっとロッブリー到着したけど、場所が遺跡から30分ほど離れているところやったんで、ゆっくり歩いて、ロッブリー駅(国鉄)の方に行きました。

やっとそれらしき町の中心に来ると、お寺(神社)があって、地元の人がお供え物をもってたくさん着ていました。なんか、特別の日やったんか??

 

f:id:kunitabi:20200623121329j:plain

ロッブリーの町はサルだらけ!

 

その目の前に遺跡があったので、歩いて向かったんやけど、まぁサルだらけ!

サルで有名な町なんで、サルは予想していたけど、それ以上にサルだらけの町が(ロッブリーです。

これだけいると、けっこう怖い。

 

f:id:kunitabi:20200623121606j:plain

Prang Sam Yod

 

(プラーンサームヨート)の入場料を払って遺跡の見学を始めたんやけど、この遺跡もやっぱりサルだらけでした。

 

f:id:kunitabi:20200623121822j:plain

遺跡の中には、さすがにサルはいません

f:id:kunitabi:20200623121910j:plain

Prang Sam Yodにある仏像

 

キレイな顔をした仏像が1体、良い保存状態で残っていましたが、やっぱりサルが周りにいっぱいいて、怖いわ!写真は撮りたいわ!で、なかなか大変でした。

 

f:id:kunitabi:20200623122144j:plain

ペットボトルのキャップにサルの歯型が!

 

遺跡の観光中に、2匹のサルに襲われた!と言っても、背中のリュックにのって何かしてたんで、必死に振り払って逃げました。

あとで見ると、リュックに入れていたペットボトルのキャップにサルの歯型が付いていました。

サルも賢いので、食べ物や飲みものを持っていると、襲ってきます。

特にポテトチップスやジュースなど、襲われて盗られてる人を見ました。(ロッブリー)の遺跡観光は、食べ物、飲みものを持っていかないようにしましょう!

(近くに、食堂・カフェ・コンビニなんでもあるので、観光中はカメラ、スマホだけで!)

 

f:id:kunitabi:20200623122630j:plain

ロッブリーの博物館を見学

 

国鉄(ロッブリー駅)の近くに博物館もあります。

アユタヤ王朝時代の遺跡、仏像に興味のある人は、ぜひどうぞ!

 

f:id:kunitabi:20200623122839j:plain

プラ・ナーラーイ・ラチャニウェート

 

こちらの遺跡(宮殿の跡)も、国鉄(ロッブリー駅)の前にあります。

アユタヤ行きの電車の時間を確認して、チケットを買って、その時間までの間に観光をしてきました。ぼくの行った日は、タイの人がめちゃめちゃ多かったです。

 

f:id:kunitabi:20200623123329j:plain

電車でアユタヤに行きます

 

(ロッブリー)自体の観光は、半日もあればできます。(ひまわりも!となると、1日と考えてください)

(ロッブリー)観光を終えたぼくは、電車で(アユタヤ)に行くことにしました。

チケットを買いに行ったら、なんと10バーツ(35円)とめっちゃ安かった。でも電車やと2時間近くかかってしまいます。

まぁ、たまにはローカルな電車で、ゆっくりゆっくり行こうじゃありませんかぁ!