くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

ピマーイに行って、タイ国内最大級のクメール遺跡を観光!

f:id:kunitabi:20200626113355j:plain

ピマーイ歴史公園

去年、一昨年とぼくはめっちゃ旅行に行っていた。

現在は旅行ができない時代になって、ホンマに残念やわ。日本でもタイでも、またヨーロッパなどでも、近場、国内旅行がまた見直されるやろな!

それで、最近の(くに旅)は、タイの国内旅行を中心に更新しています。

 

2018年8月に行った(ブリラム旅行)、ブリラムの遺跡をレンタルバイクで走って見てきました。お尻が痛くなったのも思い出ですが、思ったよりパッパ!とブリラムの遺跡巡りができたので、ついでに(ピマーイの遺跡)も見て帰ろうと思い、調べたんやけど、(ブリラム)から直接(ピマーイ)行きのバスがなかった(あるのかなぁ??)ので、1度(ナコンラチャシマ)に戻って、バスを乗り換えて(ピマーイ)に行ってきました。 地図やとこんな位置関係です。

 

 

f:id:kunitabi:20200626114314j:plain

ナコンラチャシマのバスターミナル2

 

ブリラム)から(ナコンラチャシマ)のバスターミナルに到着して、そこからバスターミナル2に移動します。そして、(ピマーイ)行きのバスに乗って40分ほどで、(ピマーイ)に到着。目的の(ピマーイ歴史公園)は目の前です。

 

f:id:kunitabi:20200626114527j:plain

ピマーイ歴史公園を尋ねるタイの子どもたち

 

この日は祝日で、入場料が無料でした。(確か、母の日やったような)

なので、タイ人観光客もたくさん家族で来ていて、とても賑やかな(歴史公園)観光になりました。

とても保存状態の良い(クメール遺跡)タイでは最大級を見ることができるので、オススメの観光スポットです。

バンコク)から日帰りも可能です。(バンコク)⇛(ナコンラチャシマ)バスで4時間、(ナコンラチャシマ)⇛(ピマーイ)バスで40分。歴史公園観光、約1時間。

 

f:id:kunitabi:20200626115024j:plain

遺跡の中

(ピマーイ)もまた小さな村で、ホンマにこの(ピマーイ歴史公園)しかないので、観光が終わったら、到着した向かい側からバスに乗って(ナコンラチャシマ)に戻ります。

泊まりを考えてる人は、(ナコンラチャシマ)に泊まりましょう。ホテルもレストランもある街、(ナコンラチャシマ)の方がぜったいに便利です。

 

f:id:kunitabi:20200626115339j:plain

ヤーモの像(ナコンラチャシマ)

 

(ナコンラチャシマ)に戻ってきました。

と言っても、この(ナコンラチャシマ)はまた特に観光場所がないんやなぁー。

タイの東北(イサーン)地方最大の街で、東北への通過点みたいな街です。郊外には、日系を始めとした工場が並ぶ(工業団地)もあります。日本人も(聞いた話しだと)

400人くらい住んでるらしい。

 

特に有名なのはこの(ヤーモの像)です。街の中心にあります。

19世紀、ビエンチャン王国アヌウォンがバンコクに進攻した際に国主の妻ヤーモはアヌウォンを撃退した人物です。

 

タイの人には有名で、とても人気があります。で、とりあえず、ぼくも写真を撮ってきたんですが、あとでネットで調べるまで、誰?という感じでした。

 

f:id:kunitabi:20200626120259j:plain

タイの子供の絵

 

という訳でぼくの(ブリラム旅行)の帰りに立ち寄った(ピマーイ遺跡)と(ナコンラチャシマ)でした。

タイのイサーン地方には、クメール遺跡が点々と残っていますが、各1時間ほどで観光のできる規模です。1番良いのは、車で行く!なんやと思うけど、バス・バイクなどで回ってきました。まぁ、バイクはけっこう大変なのと危ないので、あまりおススメしないんで、できればタクシー等を利用したほうが良いと思います。

 

人も良いので、とても楽しい時間を過ごせると思うので、ぜひ(ブリラム)や(ナコンラチャシマ)など(イサーン地方)にも行きましょう!