くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

(アランヤプラテート)郊外でバイク事故、包帯巻いて、ボロボロになってバンコクに帰ってきました。

f:id:kunitabi:20200626193827j:plain

全身キズだらけになりました

ブリラム)旅行でレンタルバイクで観光したので、調子に乗って(アランヤプラテート)郊外の遺跡もバイクで行ったら、事故って悲惨な旅行になりました。

 

f:id:kunitabi:20200626194136j:plain

ロンクルア市場

 

バンコクからカンボジアに向かっていって、(サケーオ)を超えたタイ・カンボジア国境の町が(アランヤプラテート)です。 カンボジア側は(ポイペト)になります。

(アランヤプラテート)には有名な(ロンクルア市場)があるのと、カンボジアからの出稼ぎがタイに入ってくる(入り口)になってる町です。

この(アランヤプラテート)の郊外にも遺跡があるので、(ロンクルア市場)バイクをレンタルして走り始めました。

 

f:id:kunitabi:20200626194550j:plain

プラサート・サドック・コック・トム

 

北に40キロくらい行くと、クメール遺跡(プラサート・サドック・コッタ・トム)があります。

 

f:id:kunitabi:20200626194741j:plain

ラル

そして、またバイクで40分ほど行くと、(奇妙な砂山??)自然にできた岩石の山みたいなのを見に行って、あんまり大したことないなー!と思って、観光終了!

 

f:id:kunitabi:20200626195242j:plain

このあとバイク事故をしました

 

観光が終わって、(アランヤプラテート)まで約50キロ、バイクで帰ってた時によそ見をして転倒してしまいました。

 

しばらくして目を開けると、目の前にバイクが横たわっていて、自分が地面に横たわってるのが分かった。起き上がろうとするんやけど、全身が痛くてなかなか起き上がれない。それでもゆっくり、ゆっくり起き上がると、やっと(バイクでコケたんや!)と理解できました。

 

バイクを起こして、痛い身体のまま、またバイクに乗ってとりあえずまた進み始めたけど、身体が痛い。

トロトロとバイクで少しだけ走るとガソリンスタンドがあって、そこに止まって、トイレで顔・足などを洗っていたら、ぼくを見て地元のタイの人が(大丈夫か??病院に行こう!)と言ってくれました。

 

f:id:kunitabi:20200626195834j:plain

村の病院

 

数人の地元のタイの人の車で、この病院に連れてきてもらいました。

Tシャツをハサミで切られて、レントゲン検査をしたら、右の肩後ろの骨が1本折れていました。

顔、腕、脚はキズだらけで、消毒液をたっぷり(これでもかー!)というほどかけられ、キレイにしてもらいました。

 

f:id:kunitabi:20200626200124j:plain

包帯ぐるぐる

 

ジャパニーズ・ミイラ男かぁ!と思うほど、自分で思うほど、包帯ぐるぐるになってしまいました。

病院のあと、地元の人に(ぼくもバイクも)(アランヤプラテート)まで送ってもらいました。 本当に感謝です。

 

f:id:kunitabi:20200626200359j:plain

アランヤプラテートのホテル

 

バイクを返すと、バイク屋の兄ちゃんが同情してくれて、バイクのキズの弁償は勘弁してくれて、近くのホテルを紹介してくれました。

(連れて行ってやる!)とバイクの後ろを指差して、(乗れ!)と言ってくれました。

 

バイクで怪我して、骨折した右肩はコルセットで固定されてて動かない、全身包帯だらけのぼくをまた、またバイクに乗せるか!とか思ったけど、完全に弱っていたので、そのままバイクに跨ってホテルにチェックインしました。

 

泥だらけの服を脱ぐこともできず(コルセットでカチッと)、そのままベッドに横になると、一気に次の日の朝まで眠ってしまいました。

 

朝、日の出の頃に目を覚まし、コンビニまで歩いていって、パンを食べて、そのままバスターミナルまで行って、朝一のバンコク行きのミニバンで帰ってきました。

 

バンコクに4時間かかって帰ってきて、エカマイのバスターミナルから歩いて帰ってきてると、みんながジャパニーズ・ミイラ男を見て怖がっていました!

 

すれ違うタイの人が、痛そうな顔をしていたけど、痛いのは、ぼくです!