くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

ナーン料理を食べて、ビールを飲んで、あーウマい!

f:id:kunitabi:20200711235759j:plain

ナーン料理

まだ涼しい朝とは言え、ずっと歩きつづけて観光をしてるとお腹も減るわなぁ。

どうせなら地元の料理を食べたいので、グーグルマップで調べて、町の中心のレストランで(ナーン料理)とビールを注文した。

このソーセージがナーン独特のなんやろか?よく分からんけど、たっぷり美味しく食べてきた。そして水分をたっぷり体外に出したあとのビールも美味しかった。

 

f:id:kunitabi:20200712115111j:plain

ワット プーミン

レストランのあと、店の前に(ワット プーミン)があって、そこそこ人がいたので見てみることにした。

今晩の宿のチェックインが2時で、まだ時間があった。

ナーンの町の中心にあって、夜はこの(ワット プーミン)の横にナイト・マーケットがでます。ただ見た目はけっこう地味で、さほど特徴のないお寺なんで、あんまり期待せずに入ったら、な、な、なんと!素晴らしいやんか! 特に壁画が最高でした。

 

f:id:kunitabi:20200712154259j:plain

ワット・プーミンの壁画

一部保存状態のよくない所もあるけど、色彩豊かな絵が壁一面に描かれています。

もっとも有名な絵は、(ささやく人)と呼ばれる絵で、仲の良い夫婦を描いたような絵です。

 

f:id:kunitabi:20200712120133j:plain

ワット・プーミンの仏像

4方に置かれた大きな仏像も迫力があって、外観とは違って凄く雰囲気のあるカラフルなお寺がこの(ワット・プーミン)です。

今回ナーンで見たお寺の中で、ぼくが1番気に入ったお寺が、この(ワット・プーミン)でした。

 

f:id:kunitabi:20200712120450j:plain

ナーンの宿

一泊600バーツの宿にチェックインしました。

むかしのタイの家を改造した宿です。木造で、かなり雰囲気があって、エアコンはありません。でもナーンは涼しいので、扇風機があれば十分に気持ちよく過ごせます。

 

まず荷物を置いたらシャワーです。朝の6時にバスを降りてから、ずっと歩いて観光してるし、シャツがとにかく汗だらけなんで、さっぱりします。

パソコン、スマホの充電をしながら荷物の整理。

まぁ、ぼくは荷物が多くないので、10分もあればできます。そしていよいよ・・・・

昼寝です。

少し昼寝をして、体力を回復させます。メールやライン、ツイッターなどをチェックして、そのあと2時間ほど寝ました。扇風機の風にあったて寝るのも気持ちがいい。

 

f:id:kunitabi:20200712121125j:plain

ナイト・マーケット

夕方の散歩です。

6時前に宿をでて、昼間の(ワット・プーミン)、町の中心まで行ってみるとナイト・マーケットがやっていました。(ワット・プーミン)横の広場にゴザが敷いてあって、買ったものをそこで食べれるようになっていました。しかしゴザって凄いね!テーブルじゃないところが田舎ナーンやな!

 

f:id:kunitabi:20200712121459j:plain

ナイト・マーケット

f:id:kunitabi:20200712122030j:plain

ワット プラタート チャンカムのパゴダ

夜空に輝く(ワット プラタート チャンカム)のパゴダを見ながら、ナーンの初日が終わりました。

素朴な町やけど、キレイでたくさんのお寺もあって、とても良い町です。個性的なお寺が多い気がするんやけど、あくまでもぼくの勝手な思いです。

 

なかなか楽しい1日やった。ビールを飲んで、静かに眠りましょう!