くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

旅にケガはつきもの、まぁどこの国にも病院はあるし、薬局もある。

f:id:kunitabi:20200803211854j:plain

ピピ島で滑って、足がキズだらけになった。

ぜんぜん大したことはないんやけど、ピピ島の海岸の階段(苔でヌルヌルやった)で滑って脚(両方)をキズだらけになってしまった。

 

ぼくは歩くのが好きで、よく歩くんやけど、足首が弱いのかよくコケます。なんにもないとこでも、足首をぐねってコケる。

京都の嵐山でも、メキシコシティでも、バンコクでも、とにかくコケる。恥ずかしいし、痛い。もちろん、注意はしてるけど、やっぱりコケる。運命である。

 

f:id:kunitabi:20200803212336j:plain

コケでヌルヌルになった階段

 

まぁ、旅行に行ってケガをしたり、病気になったりちゅうのは、頻繁にある。

お腹の弱い人は(正露丸)なんかを、車酔い・船酔いをする人は(酔いドメ)の薬なんかを持っていってると思う。

ぼくは薬は持っていかない。けど、バンドエイドだけ持って行っています。(靴ずれ)をおこすと、歩くのが苦痛になるので持っていますが、ない時は現地で買います。

基本、ある程度大きな町なら病院も薬局もあるし、簡単な薬ならコンビニでも買えることがあるし、最悪ホテルのレセプションに聞くと、もらえることもある。

 

まぁ、旅先でケガや病気はない方が良いけど、起こりうる!ということです。

ぼくの経験では、

ケニアで喘息がでて、自分でタクシーに乗って病院に行った。

タイ、アランヤプラテートで借りたバイクで転倒して、肩の骨を骨折。地元の人に助  けてもらって、病院に連れて行ってもらった。

エチオピアアディスアベバのバーのトイレで襲われて、格闘した結果、手を噛まれた。歯型が手の甲に残っていた。

パッと思い出すのは、そんなとこかな??

まぁ、今回のようにスリ傷なんかはよくあるけど、有りすぎて覚えていない。

 

まぁ考えすぎると、怖くなって(旅行)に行きたくない!となってしまうんで、日本にいてもケガや事故はあるやろ!みたいに思っておいた方が良いと思う。

あまりビビってても何もできない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シニアひとり旅【電子書籍】[ 下川裕治 ]
価格:704円 (2020/8/3時点)

楽天で購入

 

 たぶん、大人になるにつれて、(恐怖)というのが大きくなって、怖がりになっていくような気がする。

経験などから(痛み)を想像したり、悪いことを必要以上に想像したり、考えたりするのかもしれないなぁ。

でも(楽しみ)や(ワクワク感)そんな(好奇心)で、その(恐怖)を抑え込んで、旅に出るのが良いんとちゃうやろか??

 

ぼくも怖い時はあるけど、そんな時は自分の判断で無理をしない!そんなんで、良いような気がする。

 

今日もスタッフのエアーさんが、(雨やったでしょ!)と嬉しそうに笑ってたけど、雨でも晴れでも行った本人(ぼく)だけが(体験)をできています。

(体験)に勝るものは無い!

 

今週末は、タイ南部ハットヤイ(ハジャイ)に行ってきます。また南部やし、雨かもしれない。まぁエエわ、今考えても仕方がない。グッドラック。