くに旅

世界を歩こう! (Walk on the world)

(モーラミャイン)(ペグ-)などを回って(ヤンゴン)に戻ってきた。ミヤンマー1人旅!

f:id:kunitabi:20200814165025j:plain

ミヤンマーには(ちびっこ尼さん)がたくさんいます

 

(ゴールデンロック)という今回の(ミヤンマー1人旅)での最大の目的を達成して、あとは時間の許す限り、フラフラと旅を続けます。

 

f:id:kunitabi:20200814165333j:plain

モーラミャイン

更に南に向かって(モーラミャイン)という町まで行ってきた。その帰りに(タトン)という町でもバスを降りて、大きなパゴダを見てきた。

 

f:id:kunitabi:20200814165558j:plain

(シュエサーヤンパゴダ)

 

ミヤンマーの人も親切やし、言葉(英語)が通じなくても、地図や写真を見せながら、バスを乗り継いでの旅行です。これが、なかなか楽しい。ふら~っと行きたいところでバスを降りる旅です。

そして、(ペグ-)というヤンゴンから北東に30キロほど離れた町で宿を取りました。

 

f:id:kunitabi:20200814170026j:plain

ペグ-の町

 

いつものように町を散歩して、ミヤンマーもたいがいお寺か、パゴダの観光になるので、ぼくも同じようにお寺などを観光してきました。

 

f:id:kunitabi:20200814170519j:plain

シュエターリャウン

大きな涅槃像を見に行ったら、何匹かの犬がいました。犬ものんきです。キョトン!とした顔をして、こっちを見ていました。

たぶん、何かエサでももらえると期待していたんでしょう!

 

f:id:kunitabi:20200814170722j:plain

ミヤンマーのお坊さん

 

町を歩いて、写真を撮って、のんびりとミヤンマーの田舎、小さな町などを観光です。

意外なところにオモシロイものがあるかもしれんし、無いかもしれない。まぁ、無いほうが多いんやけど、たまに出くわすと大儲けです。

 

f:id:kunitabi:20200814173240j:plain

ヤンゴンは大雨

 

そうして(ヤンゴン)に戻ってきたら大雨です。

いつも言うように、旅に雨はつきものなんで、そんなときは雨宿り!たまには強行突破で、ベショベショになることもあります。

地元の人も、こんな大雨やとどうしようもなく、雨宿りをしてたりするので、1人旅ですが、ぼくも一緒に雨宿りです。

 

f:id:kunitabi:20200814173547j:plain

(スーレーパゴダ)ヤンゴンの中心

 

ぼくはだいたいヤンゴン市内中心にある(スーレーパゴダ)の近くに宿をとるので、このときも、(スーレーパゴダ)から歩ける範囲に宿をとっていました。

 

ヤンゴンの中心は、このパゴダを目印に歩くと、とてもわかり易いです。迷ったら(スーレーパゴダ)と聞くと、簡単に道を教えてくれます。

 

f:id:kunitabi:20200814173857j:plain

ヤンゴンの屋台通り

ヤンゴンの19通りは(チョイ飲みストリート)になっていて、行くなら夕方から夜にかけてが良い。路上にテーブルを置いて、ビールを飲んで焼き鳥なんかをつまみながらワイワイやっています。

 

その他に、朝に屋台がワーとでてる通り(通りの番号は忘れた)もあって、活気があるので、覗いてみるのも楽しいと思います。

ヤンゴンの日常生活を感じられるところです。

 

f:id:kunitabi:20200814174412j:plain

(シュエダゴン・パゴダ )

 

ミヤンマーで1番有名な(シュエダゴン・パゴダ)です。

(スーレーパゴダ)から徒歩45分。ちょっと距離があるけど、ぼくは歩いて行ってきました。そして、ゆっくりとこの大きな(シュエダゴン・パゴダ)を見てきました。

 

短パンは入れないので、長ズボンを用意するか、入り口で(腰巻き)(有料)を借りて入場しましょう。

 

ミヤンマーは人がいいんやなぁ。

かましくもないけど、冷たくもないし、なんともリラックスして街歩きのできる所です。まぁ、まだまだ道はガタガタやし、エアコンの聞いたオシャレなカフェってのも少ないけど、ぼくは大好きなんで、時間があればミヤンマーに行くようになりました。