くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

ミヤンマー旅行2019年、マンダレーから寝台列車でパガンに行く。

f:id:kunitabi:20200819095321j:plain

寝台列車のチケット

 

2019年7月はミヤンマーの(パガン)に行くことに決めた。

タイ・バンコクから飛行機で(マンダレー)まで飛んで、そこから(寝台列車)で(パガン)に行くという予定。

休みの日数がないので、移動と宿泊を合わせて時間の節約をした旅行になりました。

 

f:id:kunitabi:20200819095616j:plain

雨のマンダレー

 

昼前にマンダレー空港に到着、市内に行って、その夜の(寝台列車)のチケットをもらいにオフィスまで行った。そのあと(寝台列車)まで4,5時間あったので、マンダレーの町を散歩していたんやけど、雨が降ったり止んだりと、めちゃくちゃ中途半端な天気に悩まされていました。

 

雨がキツくなると動くに動けないし、とは言え(寝台列車)までの時間、ホテルの部屋もないので休んでられないし!

 

f:id:kunitabi:20200819100007j:plain

線路脇の屋台(昼間)

駅の前にショッピングセンターがあったので、入ってみたけどすごくショボくて、どうやっても時間の過ごせそうなところではなかったので、また街歩き&雨宿りを繰り返しながら夜まで過ごしました。

まぁ、昼間のうちに疲れておくと、寝台列車の中で爆睡できるんで、それも良いやろう!と考えていました。

 

f:id:kunitabi:20200819100257j:plain

夕方のマンダレー

f:id:kunitabi:20200819100404j:plain

駅のホーム

 

夕方にマンダレー国鉄の駅に行ってホームと時間をを確認して、その脇にめし屋さんが並んでいたので、晩ごはんとミネラルウォーターを買うことにしました。

 

f:id:kunitabi:20200819100442j:plain

線路脇の屋台(夜)

f:id:kunitabi:20200819100735j:plain

マンダレーでの晩ごはん



同じ色のおかずが、5つも6つも並んでいました。けど、美味しかった。

このあとぼくは、(寝台列車)に乗り込んで、縦と横に大きく揺れながら朝までしっかり寝ました。

 

2日間の(パガン)観光を終えて、また寝台列車で(マンダレー)まで戻ってきました。

 

f:id:kunitabi:20200819101048j:plain

ミンガン(未完成の大きなパゴダ)

朝(マンダレー)に到着して、タクシーに乗って(ミンガン)に行ってきた。

夕方の飛行機まで、そんなに時間がなかったので、今回はタクシー利用です。あとで、値段を多く言ってくるので、ちょっとケンカになったけど、この時はただ観光に集中していました)

この(ミンガン)のパゴダは、完成したら1番大きかったんちゃう?と言われてますが、ほとんど岩山の状態です。もう少し、人の手が加わっていれば良かったんやけど、ちょっと期待ハズレでした。

 

f:id:kunitabi:20200819101436j:plain

仏像

f:id:kunitabi:20200819101524j:plain

(ミンガン)近くの白いお寺

近くの(白いお寺)にもタクシーのドライバーが連れて行ってくれたけど、駆け足で回ったので、あまり印象がなかった。残念や。

空港に行く時間が迫ってたので、バタバタでした。

 

f:id:kunitabi:20200819101713j:plain

空港でミヤンマービール

 

思ったより早く空港に到着できたので、チェックインをして、ミヤンマービールです。

マンダレーは行きの半日、帰りの半日だけの観光になってしまいました。

 

f:id:kunitabi:20200819101920j:plain

マネキンにもタナカ

 

今回のミヤンマー旅行にメインは(パガン)なんで、こんな感じの(マンダレー)になってしまいました。次回は、その(パガン)を書きます。