くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

ミヤンマー(パガン)を旅して、仏像コレクション!

f:id:kunitabi:20200820124336j:plain

パガン(ニャウンウー)の村

 

パガンの村で(電気バイク)をレンタルして、いよいよ(パガン観光)です。

転倒しないように、骨折をしないように、ケガをして泣かないように、ゆっくりとバイクを走らせていきます。

 

パガンには何千ものパゴダが立ってて、またお寺もたくさんあります。電気バイクで回って、止まって靴を脱いでお寺の中を見て、お祈りをして、また靴を履いて、電気バイクで走り始める!という行為をずっと繰り返していると、けっこう疲れます。

けど、ぼくは(2日間しかなかったので)それを繰り返してきました。

 

f:id:kunitabi:20200820125113j:plain

仏像の写真

 

2日間のパガン旅行で、大量の写真を撮ってきました。

やっぱり(パガン)は魅力的な村(まぁ、世界遺産)やし、バンバン写真を撮ってしまいます。

で、今回は(パガンの仏像)を紹介していきます。(これでも、厳選しています)

 

f:id:kunitabi:20200820125358j:plain

お祈りをする人々

 

改めて思うのが、(仏像って何??)ってことです。

生まれてから、ずっと(50年以上)仏像を見てるけど、まったく考えたことがなかった。

イスラム教では(偶像崇拝)を禁止してるけど、仏教やキリスト教は(神の姿)を作ってるんで、(仏像はお釈迦様)なのか???

あらためて、そんな疑問が湧いてきたんで、調べると

www.taradou.com

 

やっぱり(お釈迦様)をイメージしやすくする!という感じなんやと理解した。けど、ヨーロッパの(ヘレニズム文化)に影響を受けて、仏像が作り出された!というのは、とてもオモシロイ。

東南アジアに住んでいると、たくさんの仏像を見るので、これからも注意して仏像を見ていきたいと思います。

 

f:id:kunitabi:20200820132445j:plain

パガンの仏像

f:id:kunitabi:20200820132539j:plain

パガンには遺跡がいっぱい

 

f:id:kunitabi:20200820132649j:plain

顔も色も形もそれぞれや

f:id:kunitabi:20200820132904j:plain

壁画も楽しもう

 

パゴダやお寺によっては、壁画も残っているし、とれもキレイな壁画や、凄く上手く描かれている壁画も多い。

古代の人のアートセンスって、凄かったんやなぁ!などと感心しながら、見てることも多い。

 

f:id:kunitabi:20200820133126j:plain

お祈りをする人の邪魔をしないで

 

また現地で観光などしていて、一般の方が普通にお参りをしに来てる場合も多いんで、もちろん邪魔をしないように!と思っています。

写真など、OKのところが多いんやけど、中には撮影禁止、フラッシュ撮影禁止などのとこもあるので、現地のルールにちゃんとしたがいます。

 

f:id:kunitabi:20200820133424j:plain

神の手 Good hand

 

大きな手。手のシワや、爪も描かれています。神の手に焦点をあてて撮影です。

 

f:id:kunitabi:20200820133610j:plain

色々な仏像を楽しむ

 

f:id:kunitabi:20200820133656j:plain

お祈りをする時間をもつ

 

ぼくは個人的にもお寺などに行って、お祈るをする。

熱心な(仏教徒)という訳でもないけど、(お祈りをしている時間)は好きです。

今回は、(パガン)で見た、写真を撮ってきた(仏像)のコレクションでした。

 

f:id:kunitabi:20200820133822j:plain