くに旅

世界を楽しく散歩をする。人生は歩くこと。

バンコク生活もそろそろ終わりにしようかと考えています。

f:id:kunitabi:20200804211831j:plain

エラワン、バンコクのパワースポット

今回は(旅)の話しではないんやけど、ぼくの人生が半分(旅)みたいなものなんで、まぁコロナ禍で、色々と考えている訳です。

 

18歳でイギリスに留学をして3年、そのあとスペイン(バレンシア)に1年、エジプトでガイドの仕事をしながら4年。

8年後に日本に戻ってサラリーマンを13年ほどして、39歳の時にタイに来て8年働いて、2年間日本(京都)に戻って、またタイ(バンコク)に戻ってもう4年近くになる。

で、コロナ禍で色々考えて、まぁこのままバンコクでサラリーマンをしていても、もうお金持ちにはなれないやろし、それならそろそろホンマに自分の好きな(旅)に出たほうが良いんではないかと考えてます。

 

f:id:kunitabi:20200804213028j:plain

バンコクBTS

まだまだコロナの影響で、行けるくに行けないくに(行けないくにが多いと思うけど)があると思うけど、タイの国内旅行(最近)を中心に、近隣国が開くのを待ちながら、やっぱり自分の(旅)をしていくのが良いような気がしてます。

 

f:id:kunitabi:20200804213424j:plain

朝のバンコク

まぁ、自分の(旅)のために毎朝ウォーキングをしてるんやけど、(思い立ったが吉日)と言うし、面白くない仕事を毎日してるんも(人生)の無駄なような気がしてきた。さっさとしたいことをする!方が、良いような気になってる。

 

ぼくの人生は(旅)、それこそ美空ひばりさんの歌(川の流れのように)である。

その川はぼくの心です。

それに従い、したいことをする、そのために動き出す!のが1番良いと思っている。

 

f:id:kunitabi:20200804213944j:plain

新聞配達

タイ、バンコクでも、朝でも夜でもみんな働いている。

うちのスタッフも働いているんやけど、週末などあんまり(大したこと)をしてない感じがする。仕事で疲れるんで、週末は家でゆっくり!みたいな過ごし方がほとんどの人ではないやろか?

まぁ、それはそれで人それぞれなんやけど、ぼくはもっと色々なところに行きたい。もっと新しい町や村を歩いてみたい。

そろそろ(旅たち)の時やと考えてるし、感じています。

 

f:id:kunitabi:20200804214352j:plain

タイで食べる

 

こんな時代やから、ぼくが思うに(孤独であれ)(強くあれ)そして(楽しく)が今ぼくのモットーです。

 

もっとモノを減らしていって、部屋の荷物の片付けもはじめようかなぁ?

リュック1つで、しばらく(旅)に行ってきましょう!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週末海外ひとり旅 (JTBのムック)
価格:979円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 


 

旅にケガはつきもの、まぁどこの国にも病院はあるし、薬局もある。

f:id:kunitabi:20200803211854j:plain

ピピ島で滑って、足がキズだらけになった。

ぜんぜん大したことはないんやけど、ピピ島の海岸の階段(苔でヌルヌルやった)で滑って脚(両方)をキズだらけになってしまった。

 

ぼくは歩くのが好きで、よく歩くんやけど、足首が弱いのかよくコケます。なんにもないとこでも、足首をぐねってコケる。

京都の嵐山でも、メキシコシティでも、バンコクでも、とにかくコケる。恥ずかしいし、痛い。もちろん、注意はしてるけど、やっぱりコケる。運命である。

 

f:id:kunitabi:20200803212336j:plain

コケでヌルヌルになった階段

 

まぁ、旅行に行ってケガをしたり、病気になったりちゅうのは、頻繁にある。

お腹の弱い人は(正露丸)なんかを、車酔い・船酔いをする人は(酔いドメ)の薬なんかを持っていってると思う。

ぼくは薬は持っていかない。けど、バンドエイドだけ持って行っています。(靴ずれ)をおこすと、歩くのが苦痛になるので持っていますが、ない時は現地で買います。

基本、ある程度大きな町なら病院も薬局もあるし、簡単な薬ならコンビニでも買えることがあるし、最悪ホテルのレセプションに聞くと、もらえることもある。

 

まぁ、旅先でケガや病気はない方が良いけど、起こりうる!ということです。

ぼくの経験では、

ケニアで喘息がでて、自分でタクシーに乗って病院に行った。

タイ、アランヤプラテートで借りたバイクで転倒して、肩の骨を骨折。地元の人に助  けてもらって、病院に連れて行ってもらった。

エチオピアアディスアベバのバーのトイレで襲われて、格闘した結果、手を噛まれた。歯型が手の甲に残っていた。

パッと思い出すのは、そんなとこかな??

まぁ、今回のようにスリ傷なんかはよくあるけど、有りすぎて覚えていない。

 

まぁ考えすぎると、怖くなって(旅行)に行きたくない!となってしまうんで、日本にいてもケガや事故はあるやろ!みたいに思っておいた方が良いと思う。

あまりビビってても何もできない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シニアひとり旅【電子書籍】[ 下川裕治 ]
価格:704円 (2020/8/3時点)

楽天で購入

 

 たぶん、大人になるにつれて、(恐怖)というのが大きくなって、怖がりになっていくような気がする。

経験などから(痛み)を想像したり、悪いことを必要以上に想像したり、考えたりするのかもしれないなぁ。

でも(楽しみ)や(ワクワク感)そんな(好奇心)で、その(恐怖)を抑え込んで、旅に出るのが良いんとちゃうやろか??

 

ぼくも怖い時はあるけど、そんな時は自分の判断で無理をしない!そんなんで、良いような気がする。

 

今日もスタッフのエアーさんが、(雨やったでしょ!)と嬉しそうに笑ってたけど、雨でも晴れでも行った本人(ぼく)だけが(体験)をできています。

(体験)に勝るものは無い!

 

今週末は、タイ南部ハットヤイ(ハジャイ)に行ってきます。また南部やし、雨かもしれない。まぁエエわ、今考えても仕方がない。グッドラック。

 

ピピ島からクラビタウンに戻って、雨の午後を過ごしていた。

f:id:kunitabi:20200802084811j:plain

ピピ島の朝

(クラビ旅行2日目)と言っても、2日だけなんやけど、朝6時からピピ島を散歩です。

しかし、誰もいない。

島の人は早寝遅起きなんでしょうか? とりあえずコンビニ(セブン)でコーヒーを買って、飲みながら散歩を1時間ほどして、写真や動画を撮ってきた。

 

f:id:kunitabi:20200802085124j:plain

ピピ島、朝の散歩

それからホテルに戻って、シャワーをして荷物の整理。9時の船でピピ島を出発して、クラビに帰ってきました。

 

f:id:kunitabi:20200802085325j:plain

朝めしは、フライドチキンとカオニャオ

 

 ピピ島からクラビタウン、1日の動画がこちら⇓

 

船がクラビに通着した途端、豪雨になってしばらく(船乗り場)で雨宿りをして、小降りになってタクシーでクラビタウンまで来ました。

ホテルにチャックインすると、もうお昼を過ぎていたので、(イージーカフェ)でランチとビールを飲んだ。

 

f:id:kunitabi:20200802085530j:plain

(イージーカフェ)

午後のクラビタウンも、雨が降ったり止んだりを繰り返していたので、特にすることもなく、町をプラプラ散歩して、ホテルに戻って(動画)を作って、また夕方散歩に行ってを繰り返していた。

 

f:id:kunitabi:20200802085937j:plain

(ケオコラワラム寺)

クラビタウンの真ん中にお寺(ワットケオコラワラム)があるので、見に行ってお祈りをしてきた。ほとんど人がいなかったので、ゆっくり見学できました。

 

f:id:kunitabi:20200802090202j:plain

コロラル・コーヒーハウス

古道具屋さんみたいなカフェ(コロラル)があって、ビールもあるというので、夕方のビール。お会計をする時に、(中国人ですか?)と聞かれて、(日本人です。中国人やとコロナを持ってると思ってるの?)と聞くと、笑って(違います)と言っていました。

 

f:id:kunitabi:20200802090502j:plain

クラビタウンのナイトマーケット

最後にクラビタウンのナイトマーケットに行くと、大きなステージの前で、何組かの人が食事をしてたんやけど、急にまた雨が降り出して、豪雨になったのでみんないなくなってしまいました。

その中、ステージの上で小さな女の子がギターを引きながら、英語の歌をずっと歌っていました。

折りたたみの傘をさして、ぼくはその歌声をしばらく聴いていました。

 

 

8年ぶりのクラビ旅行、今回はピピ島に来ました。でも大雨です。

f:id:kunitabi:20200731224901j:plain

8年ぶりのクラビ旅行

 

有給休暇を使って、今週末は3連休にしました。 

(エアーアジアの乗り放題チケット)を使って、タイ国内旅行パート1は(クラビ)です。2012年に来たんやけど、あんまり記憶にないので、8年ぶりに来ました。と、行っても今日は船でピピ島に来ました。

デカプリオの映画(ビーチ)で一気に人気になった島なんやけど、ゴミの問題で一時期閉鎖、観光客が来れなくなっていました。

で、また再開されていたので、ラッキー!と思って来たんやけど、大雨やん!

ぎゃー!ラッキーちゃうやん!!です。 どっちやねん。

 

 

実は、クラビ空港に到着したとき、雨やったんで(ピピ島)どうしようかなぁ??と、5分ほど考えて、(行く!)と決断しました。

で、やっぱり雨、それも大雨。まぁ、そんな時もあります。

 

www.kunitabi.com

 

1年前の(ラノーン、パヤム島)の旅行も大雨やった。この経験があったので、大雨のピピ島では、けっこう冷静に対応することができたし、こうなれば(雨のピピ島を遊んだれ!)と、写真・動画をたっぷり撮ってきた。

 

f:id:kunitabi:20200731230249j:plain

雨のビーチ

クラビの船乗り場から約2時間でピピ島に着きます。

ぼくは午後12時半に到着。お腹が減っていたので、まずランチをして、そのあとホテルにチェックイン、そのあと島散歩でした。

 

f:id:kunitabi:20200731230516j:plain

バーもほとんど閉まっています。

ピピ島散歩を始めたら、また大雨が降ってきて、雨宿りなどをしながら、1時間ほど散歩して、夕方のビーチと海をずっと見ていました。

 

f:id:kunitabi:20200731230708j:plain

日が暮れるまでビーチに座って、海を見ていた

真っ赤な夕日を期待することなく、とりあえずビーチに行って、日暮れの時間をただ海を見ながら過ごしてきた。

たまには、こんな日があっても良い。自分の時間、色々と考えることができた、有意義な時間でした。